株式会社I-SEED(アイシード)|大阪・心斎橋のWEB制作集団

CSS font-family で游ゴシックや游明朝を指定する時の注意

CSS font-family で游ゴシックや游明朝を指定する時の注意

HISAHISA
この記事は、2020年3月9日に編集し、約 1 分で読めます。

游ゴシックって見やすくて使いやすいですよね。
今回は、CSS の font-family で游ゴシックを指定するときに、どういう風に記載するのが良いのかまとめておきます。

游ゴシックについて

ディスプレイでも印刷しても見やすいフォントとして人気です。
Windws であれば Windows 8.1 以降に、Mac であれば OSX Marverics 以降に標準で入っています。

font-family

font-family: "Yu Gothic Medium", "游ゴシック Medium", YuGothic, "游ゴシック体";

上記の用に指定すると、Windows でも Mac でも適応されます。

なぜ Medium にするのか?

Windowsの游ゴシックはとても細く、非常に見辛いです。
Medium にすることで、標準より太くなり見やすくなります。

この記事を書いた人
HISA

ホームページ作成をメモ帳時代からやってます。ゲーム大好き!「格闘ゲーム」や「デジタルカードゲーム」を好みます。大会にもチラホラ参加しています。

HISAをフォローする

WEBの事でお悩みなら、まずは一度 I-SEED にご相談ください!

I-SEED は 「デザイン」「SEOマーケティング」「システム開発」を併せ持つWEB制作会社です。

コーポレート、オウンドメディア、ECなど様々な分野のサイト制作を得意としています。システム開発も自社で行っているので、様々なプロジェクトに柔軟かつ迅速に対応できるのが強みです。

大阪に良いWEB制作会社がいないとお困りの方は、是非一度 I-SEED までご相談ください。

I-SEED では随時採用も行っています。各種エンジニア、ディレクター、デザイナー、ライター、マーケターの全職種を募集しています。ご興味がある方は採用ページもご覧ください。

ブログページに戻る